Retrevor

Posts

usedclothing & materials

2011年 YOUTH LAGOON

2019 / 03 / 01  23:37
20171226_085811126_iOS.jpg

 

 

 

 

 

 

2011年、僕が大学2年生の時でした

トレヴァー・パワードが立ち上げたソロプロジェクト

「YOUTH LAGOON」

 

同世代の青年が編んだ8曲

( 「The Year Of Hibernation」収録 ) が

あまりにも衝撃的で

渋谷タワーレコードの視聴ブースから

1時間以上動けなかったことを

今でも鮮明に覚えています

 

彼の作品は、概してベッドルームポップ

と説明されることが多いようですが

僕にとっては(それぞれ定義は置いておいて)

ときに激しいパンクロックで

ひとり揺れるダンスミュージック

じっと耳をすますオルゴールサウンド

 

空にしたいときも、満たしたいときも

変幻自在に寄り添ってくれる音楽でした

 ・

そんな体験をしている最中の古着は

(お、ここでつなげるのですね。)

より一層新鮮に見えました

 

媒体は異なれど

同じような衝撃がきっと近くで俺を待っている...

そう思い込んで毎週

ひどいときは何日も連続で

当時通っていた古着屋さんに通い詰めました

( 皆さんは知っていますか、go-getterというお店を )

 ・

相手(古着)の持つ魅力を

自分自身で

面と向かって

体験してみる

効率は悪いけど、こっちが断然楽しいし

向いているな、と確信したのはこの頃

  

そしてその確信は2019年の今でも変わりません

 

誰かにとっての新鮮な衝撃が

リトレバーの店内にたくさん満ちているように

 

自分の信じてきた古着を1点1点、並べていきます

( 固くなりすぎないように気をつける。)

 

 

最後に

 

お店の名前は

 

Re : Trevor Powers

 

Retrevor

 

リトレバー

 

 

単純ですね

でも、気に入ってるんです

 

 

 

 

 

 

次回は僕が古着屋を開いた

きっかけを書きます

 

 

 

1145DC86-A84C-4A2F-9E6D-72739E788A49.jpeg

 

2423B89D-9AB7-4681-AA98-2CC992C8C1F2.jpeg

 

9A199AA6-FFBB-4A9C-8826-4A989967D32E.jpeg

E9734858-AC70-47D5-B6F2-2ED2F4B7EACD.jpeg

 

惚れ惚れ

 

 

 

 

 

山田